Loading 0%

施工事例


スズメバチの巣を割ってみた~スズメバチ駆除事例~

2018.10.01|ハチ / 施工事例

いつも富士ライフHPをご覧いただきありがとうございます。

10月に入り、季節も一段と秋になっていきますが、スズメバチの巣も大きく成長しております。
今回は、先日行ったキイロスズメバチの巣の駆除事例をご紹介いたします。

その① 神社の軒先

  • 神社の軒先に、キイロスズメバチが、40cm程の大きな巣を作っていました。
  • キレイに巣を取ることができましたので、後で巣の中身を見てみました。
  • さらに、巣を分解してみるとこんな感じになっております。
    動画では、ちょうど成虫がはい出して来るところが映ってましたね(^^)/
上の神社の軒先など、見えるところに巣を作っている場合は、比較的駆除を行いやすいのですが…

その② 巣が見えない...

  • こちらは、横浜市内のY様邸。
    雨戸の戸袋内にキイロスズメバチの巣ができていました。
  • 隙間から、長いノズルを使い巣の中へ薬剤を注入。
    巣の中のハチが全滅したところで、外壁をカットし巣の取り出し作業を行います。

    しかし、外から戻ってくる戻りバチとは、ある程度格闘しなければなりません。
  • 狭い隙間に、びっしりとキイロスズメバチの巣ができていました。
  • スッキリと巣の撤去完了。
  • 切り取った、外壁を戻しテープで簡易閉塞。
    ※後日、職人さんに修繕していただきました。
これからの時期、スズメバチは新しい嬢王バチが産まれ、その新嬢王バチを守ろうと、周りの働きバチたちは攻撃的になります。
そのため、刺されてしまうリスクが高くなっていきますので、スズメバチの巣を見かけたら絶対に近寄らないでください。

当社に御依頼いただければ、迅速に対応させていただきます。