Loading 0%

施工事例


キイロスズメバチ

2016.08.20|ハチ / 施工事例

8月も後半に入り、スズメバチの駆除依頼が多くなっています。

今回は、キイロスズメバチの駆除事例を紹介します。

壁からハチが出ている

  • 現場に行ってみると、写真の様に窓のアルミサッシの隙間から壁の中にキイロスズメバチが侵入していまいた。
    ※キイロスズメバチは、この様に壁の中・天井裏・床下などに巣を作るケースが多いです。
  • 薬剤を注入し、スズメバチの数を減らしたところで、壁面を開口し、巣を撤去します。
    ※写真では、巣が一部しか写っていませんが、実際は黄色の丸印くらいありました。
  • 全ての巣を取り出すことが出来ました。
    当社では、出来る限り巣の完全撤去をお勧めしています。
  • 撤去後のキイロスズメバチの巣。
    ※かなりの重量がありました( ゚Д゚)

軒の隙間からキイロスズメバチ

  • 軒の隙間からキイロスズメバチが侵入していました。
  • 2階の軒先で、外壁の素材がスレートだったので外壁の開口をあきらめ、室内からの開口を行うことにしました。
    ※お客様の了解を得て開口します。後日、大工さんに修繕していただく手配も行いました。
  • 開口してみると、思った通り大きなキイロスズメバチの巣がありました。
  • 壁と軒の空間いっぱいに巣が出来ていました。
    ※室内に侵入してくるキイロスズメバチと格闘しながら駆除に成功しました。
  • 撤去後のキイロスズメバチの巣。
  • こちらの現場でも、巣の完全撤去ができ、お客様にも喜んで頂きました。
    この後、室内に戻り蜂が侵入して来ないように仮閉塞を行い作業終了しました。
キイロスズメバチは、1匹のサイズは小さいですが、巣全体での数が多く、攻撃性も高いので刺されてしまうリスクが高いスズメバチです。
今回も、施主様が刺されてしまっていますので、見かけた際は当社に連絡ください。

迅速に対応させて頂きます。